iPhoneの写真や動画の画質の進化

動画の美しさ

iPhoneはiPhone6sシリーズからは動画撮影が4Kでの撮影が可能になっています。最新のものになるとその美しさはさらに進化をしており、iPhoneで映画が撮影することのできるレベルと言われています。

このような映画が撮影できるレベルの画像と言われているのは動画投稿サイトにアップされたイタリア人撮影家の映像が話題となっているためです。プロが使って撮影をするとどのくらいのクオリティのものが出来上がるのかということが一目でわかると評判になっています。

ただ、動画撮影をした際には多少の加工もされていますが、加工してきれいな仕上がりになるのは元の画像が美しいからこそであり、特にセンサーが向上したことで動画のブレが少ないことが話題となっています。さすがに暗い場所で車のような速度のものが動く映像となるとノイズも出てきてしまいます。しかし、これまでの動画とは比べ物にならないくらいきれいなものですしノイズも減っています。映像の味として楽しめるレベルであり違和感ないともいえます。

また、画素数や動画のノイズの少なさも話題になっていますが、それ以外にも望遠レンズや手ブレ補正の進化についても話題になっています。望遠レンズも手ブレ補正機能があるためズームにしてもブレないですし集光機能も高くなっているので鮮明な撮影ができるようになっています。