iPhoneの写真や動画の画質の進化

カメラ機能の充実

今のiPhoneというのは画素数が1200万画素でこれは十分なスペックでありつつも先代のiPhoneからは大幅な進化をしてはいません。しかし、カメラの機能というのは画素数だけではありません。それ以外の部分で新型iPhoneは進化をしているのです。

特に大きく進化をしているのがイメージセンサーです。より大きくて高速なセンサーを導入していること、新しい信号処理が入ったことによって美しい写真が自動で撮影できるようになっているのです。センサーが高速になっていると高速で動いている被写体を撮影してもゆがみが発生しにくくなります。そして信号処理が新しいものになったことで画像処理機能が高まっており暗いところでもオートフォーカス機能が速く動くのでノイズも減っているのです。

また、従来のiPhoneと新型で大きく変わっているところとして注目されているのがポートレートライティング機能です。顔認識についてはiPhoneはAndroidやデジタルカメラに比べて少し遅れ気味という印象が持たれていたところを挽回した昨日ともいえます。これは人物を検出すると人物の光の当たり具合をデジタル処理でコントロールしてくれるというものです。

これによって人物を明るくしたり柔らかい光をあてたりといった加工をすることができ、自然光やスタジオ照明といったライトの当て方を調整することができます。これによって暗いところで撮影をしても人物を明るく見せる調整ができ顔色も明るいものにできるのです。